CELINE / セリーヌ




CELINE (セリーヌ)

1945年、女性実業家セリーヌ・ヴィピアナ(Celine Vipiana)が夫、リチャードとともに開いた皮革の子供靴専門店がその発祥。
セリーヌの子供靴はパリの革職人の技術を生かしたもので、上流階級を中心に支持を集めた。
顧客の増加とともにアイテムも増加してゆき、59年にレディースの靴、65年に香水とスカーフ66年にハンドバックを始める。
ハンドバックをはじめた60年代後半に馬車の柄とバックルのバック「サルキー」や馬具金具をモチーフにしたモカシンが大ヒット。人気ブランドにまで上り詰めた。
67年からプレタポルテ・コレクションを開始。ベーシックなデザインと上品な雰囲気でトータルファッションを提唱し、パリのBCBGの代名詞に。
オートクチュールとは違ったカジュアルな雰囲気が受け、上流階級の普段着として定着した。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

7